ガラスは人や生活に身近なものでありながら、

ソトの世界の光や自然の時間の移ろいを映し込める魅力的な素材。

最近力を入れているのは、工芸の領域のみに括られがちなglass artを

デザインや建築とリンクさせる為にプロダクツ化し、また生活に戻すことです。

素材的にも、生活からでるガラスから何かできないかと再生ガラスに注目しています。

one man show group show gallery

architectural glass products1 products2